看護部紹介 nursing introduction

平成30年度看護部 理念

患者の人権を守り思いやりの心をもってその人らしさを尊重した看護を提供します

方針

人を大切にし信頼できる看護を提供します

目標

  • 地域包括ケア病棟開設に向けて準備し運営できる体制を作る
    地域包括ケア病棟および一般病棟の適切な運用ができるように計画し実行する
    必要な学習・研修を計画・実施する

  • 思いやりの態度で接し、気持ちよく働ける職場環境を整える
    病院の機能にあった体制であり、働き続けられる環境・体制を広げる
    子育て中看護職員の採用と速やかな職場復帰できるように保育室の運用に参加する
    お互いにマナーを守り、注意や指摘できる関係性を築けるように努力する
    メンタルヘルスケアを理解し、各人がセルフコントロールできるように心のケアを推進する

  • 各人が能力向上に努め業務に活かす
    有資格者は学習目標を持ちその役割を果たすこと
    病院職員の果たすべき責務とは何かを問い、各人が自覚し仕事を行う
     ※能力向上・技術維持のための学習を行う
     ※看護部は研修参加の支援を行う
     ※学習や業務配分時間は、自分で考えタイムマネジメントできるようにする

  • 倫理的課題を多職種で多方面から検討し、解決に向けた行動をとる
    倫理的な課題に気づきより良いケアを実践する

看護部について

活動の紹介

看護部職員は、全員が委員会や係活動に参加し、役割を担うことになっています。

【主な委員会活動】
安全:
スタッフがリスク感性を高め、安全なケアを提供できるように働きかける。
感染:
感染に対するリスク感性の維持・向上をはかる。
褥瘡:
褥瘡発生予防と早期発見・治癒・改善をめざす。
褥瘡患者の発生率を低下させる。
接遇:
患者が気持ちよく、安心して治療を受けられる接遇を実践する。
気持ち良いコミュニケーションを実践できるよう教育する。
記録:
基準に沿った記録の記載ができ、記録の質向上をはかる。
教育:
看護、介護の質向上のために、教育計画を立案し実施する。
安全な看護、介護を提供するために看護手順や基準の見直しを行い、それに則って業務が行えるようにする。
研修内容の充実をはかり、研修の出席率を上げる。
コンチネンスケア:
排泄ケアの質の向上と維持、退院支援の充実をはかる。

看護助手のお仕事紹介

地域への貢献活動

地域病院である当院・看護部は地域への貢献行動もいくつかを実行しています。
院内勉強会は他施設へ開放、また練馬区内の中学校職場体験を積極的に受け入れ、昨年は50名以上の中学生が看護体験を経験しました。
高齢の患者さんとお話できたことだけで感激の涙した女子中学生。
手術室を見学し、感動と驚きで興奮してしまった男子中学生。
最初はうつむき加減だった子の表情が活き活きとした満足気な表情に変わるのに時間はかからないようです。

ナイトバザールでの健康診断

他、院外活動の一つに地域住民の健康管理に寄与すべく、隔月の第4土曜日に行われている「ゆうゆうロード(病院の近くにある商店街)ナイトバザール」に無料健康相談コーナーを出店し、毎回たくさんの人に足を止めてもらい、血圧や体脂肪・握力などの測定や健康相談を行い、皆さまとの交流を図っています。

最近は200名以上の方が寄ってくださるようになり、仕事以上に大変だと嬉しい悲鳴です。
毎回寄ってくださるリピーターもできました。
自分達も、夜店気分で結構楽しんでいます。

お近くの方でナイトバザールへお出かけの際は、白衣姿をみかけたら是非声をかけてください。お待ちしております。

中学生職場体験学習

中学生職場体験学習

毎年6月から11月に中学生の職場体験を受け入れています。
看護体験はもちろん、ほかの職種のスタッフからも話を聞いたり、手術室の見学ができることもあります。

中学生職場体験学習について詳しくはこちらから

中学生職場体験学習について
詳しくはこちらから

復職支援研修プログラム

復職支援研修プログラム

復職支援研修プログラムは看護界の旬な話やACLSの実践、手洗い演習などです。お仕事再開の決心がつきます。多くの方の参加をお待ちしています。

復職支援研修プログラムについて詳しくはこちらから

復職支援研修プログラムについて
詳しくはこちらから

スズキ病院トップ > 看護部 > 看護部紹介

COPYRIGHT © 2017 KOUSEIKAI SUZUKI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.