施設紹介 facility introduction

外来

当院の外来診療科は、内科(消化器、呼吸器、循環器、糖尿病)、外科(消化器、肛門等)整形外科、理学療法、泌尿器科があります。専門外来においては、大学などから各専門の先生がきてくださっているので、患者さんの評判も良く、活気づいています。

当院では訪問診療も行っており、施設(約140名)居宅(60名)の患者さんにご利用頂いております。
また二次救急の指定病院であり、救急外来としての役割も果たしております。外来ナースは主に外来部門、内視鏡部門、手術中材部門、訪問診療部門の4部門において、多方面に活躍しています。
現在、包括ケア病棟の増設工事中であり、それに伴い外来フロアも大きくなります。患者さんにとっても快適になり、益々外来が活気づいてくれることを期待しています。

主任紹介

今村主任

今村主任

今村主任
今村主任

当外来はほとんどがベテランナース揃いでありますが、その中でも若い男性看護師が平成28年4月から主任としてスタッフを引っ張ってくれています。話しやすく、何があっても柔軟な対応をしてくれる所が魅力です。

1病棟

1病棟は、大部屋6室、2人部屋1室、個室7室の計43床の病棟です。
急性期と慢性期が混合している事もあり、見守りが必要な患者さんや状態の不安定な患者さんが入院している事が多いのが特徴です。また、近隣の施設から入院してくる患者さんも多いため、退院支援に力を入れています。そのため、個別性ある関わりができるよう、スタッフ同士がコミュニケーションを密にとり、日々のカンファレンスでは活発に意見交換をしています。また、コメディカルとのカンファレンスも定期的に開催し、チームとして、よりよい療養環境を提供し、また早期から退院調整を行うことを進めています。

スタッフの働き方、経験値も様々で、午前中4時間勤務のスタッフもいれば、夕方の4時半までのスタッフ、新卒看護師もいればブランクが20年以上のスタッフなどなど・・。業務分担をする際、パズルを組み立てているのかと思うほど、レパートリーに富んでいます。そんな多様な勤務体制でも、各自が目標を持ち、自分のできることをチームメンバーとして発揮できるように、スタッフ同士が助け合いながら仕事をしています。そんな1病棟のスタッフはみんな明るく、オープンで、親しみやすい人たちばかりです。

課長紹介

楠木課長

楠木課長

楠木課長
楠木課長

楠木課長は、「冷静、沈着」。文字だけ並べると「怖い人?」となってしまいますが、決してそんなことはありません。悩んだ時に相談すると、目からうろこのアドバイスをいただけます。医師からの信頼も熱く、多職種からも同様です。
患者さん、ご家族、そしてスタッフの笑顔のために、物事をポジティブに考え仕事をする姿はとても尊敬できます。

2病棟

2病棟は38床あり、うち20床が個室です。患者さんの病態や年齢は様々ですが、個室だからこそ患者さんや、ご家族と関わる時間を大切にし、安心して療養できる環境の提供を行っています。
スタッフの働き方も様々で年齢や経験も様々です。笑顔が多く、お互いに声を掛け合い患者さんやご家族の情報交換も、頻回に行います。プライマリーナース以外も、積極的に患者さんやご家族と関わり、目標に向かって最善を尽くしています。

課長紹介

大谷課長

大谷課長

大谷課長
大谷課長

ひとことで言うと「看護に熱い」人。
看護が大好きで、患者さんのことを1番に考えている患者本位の姿勢はとても尊敬しています。そして、私たちスタッフのこともひとりひとりをよく見ており、愛情深い人。
だから安心して働いています。
完璧な人ですが、時々垣間見る涙もろく、おちゃめなところが親近感を湧かせてくれます。

スズキ病院トップ > 看護部 > 施設紹介

COPYRIGHT © 2017 KOUSEIKAI SUZUKI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED.