医療法人 浩正会スズキ病院 電話番号
 Home検査設備紹介 > MR・CT ■ 交通のご案内

HOMEへ戻る
外来診療
入院案内
訪問診療
検査設備紹介
内視鏡検査
MR・CT
マンモグラフィ
健診センター
病院紹介
看護部
求人案内
(財)日本医療機能評価機構認定証受領
人間ドック・検診施設機能評価認定証受領

MR・CT検査で様々な疾患の早期診断を

スズキ病院のレントゲン検査
【CT】
2010年5月よりシーメンス社製16列MDCT(マルチスライスCT)を導入しました。
この装置は高速で回転することで、非常に細かいデータを短時間で収集・解析を可能にした最先端のMDCTです。
従来の横断像の他に、冠状断・矢状断など任意の断面での再構成や、造影剤の使用により血管の3次元画像の再構成も可能となり、脳動脈瘤の精査や下肢脈管の評価にも威力を発揮します。
X線の被曝も従来のCT装置に比べ格段に低減されます。
 
 

CTスキャン
<MDCTの利点>
@撮影速度の向上
動きのある部位でも鮮明な画像の描出が可能になりました。
 
A撮影時間の大幅な短縮
平均約15秒という短時間での撮影が可能になりました。
従来のように30秒以上の息止めが必要なくなり負担が軽減されました。
X線の被曝も低減されます。
 
B画像の高精細化
これまで以上に肺がんや動脈瘤などの早期発見に貢献します。
 
C3次元画像による診断
詳細画像により、平面画像では見えにくかった患部の発見に貢献します。
画像例1 画像例2 3次元画像例1 3次元画像例2



【MR】- 現在休止中






[▲このページのTOPへ▲]


Copyright© Kouseikai Suzuki Hospital All Rights Reserved.