マンモグラフィ mammography

乳がんの早期発見のために

マンモグラフィーは、X線を用いた、乳がんを診断する検査方法のひとつです。
視触診では分からないような早期の乳がん、しこりのできない乳がんも見つけることができます。

乳がん健診について

  • 視触診では1、2センチ大のがんは見つかってもそれより小さいがんを見つけるのは困難です。
  • マンモグラフィは精度がそろい画像として残るので複数の医師による客観診断が可能です。
  • エックス線被曝はありますが、一度の撮影で受ける被被曝は東京からニューヨークへ飛行機で行くときに受ける自然放射線のほぼ半分といわれております。
    早期発見の利点の方が高いと考えられます。
  • 一般に日本人女性は、乳がんに対する意識が低いといわれています。
    従来の視触診健診の受診は12%にとどまっています。
    欧米ではマンモグラフィを使った健診が一般的で、米国では40~50代の女性の70%以上が2、3年に一回は受けています。
    乳がんの早期発見には女性の意識改革が必要です。
スズキ病院トップ > 検査設備紹介 > マンモグラフィ

COPYRIGHT © 2017 KOUSEIKAI SUZUKI HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED. 職員専用コンテンツ